防犯対策ー木製扉からスチール扉への取替ー(東京都千代田区)

投稿日時:2017/09/12(火) 11:00

皆様の会社や事務所の扉は何でできていますか?

今回ご紹介するのは都内にある税理士事務所の入口扉の木製扉からスチール扉の取替工事です。

普段営業中その扉は開けっ放し(内扉で指紋認証)なのですが、夜間はそこが防犯の扉になるため

木製だとお客様はとても心配しており、今回スチール扉への取替を行いました。

 

こちらが工事前の木製の扉です。


見た目は丈夫そうですが、木製の為軽く、ちょっと力がある人だったら壊れてしまうかもしれません。

 

こちらを取外し、錆止めまでされたスチール扉を設置します。



 

その後、お客様の選んだ色に染めていきます。

今回のお客様は木製の時と似たような色で、とご注文を受けました。

 

そして出来上がったのがこちらです。



見た目はさほど変わりませんが、叩いてみたり、扉の開け閉めをすると

木製とは違う重厚感と安心感ががあります。

セコムなどの警報のなるセキュリティも大事ですが、

スチール扉にすることによっていかに侵入されにくくするか(時間がかかるか)

がセキュリティ対策のポイントです。

今回は鍵もシリンダー錠からディンプル錠に変更されました。

 

古いビルなどでは木製の扉がまだ多く見受けられます。

防犯対策としてまず、入口から変えてみてはいかがでしょうか。

ご相談お待ちしております。
 

ブログ最新記事

一覧